PR|大阪で安心できる葬儀なら愛知県で遺品整理の処分のご相談は 遺骨の処分方法について和歌山に海洋散骨したい

遠くの故郷のお墓を維持・管理する事が負担となり、都会の居住地に近い、永代供養墓や納骨堂に遺骨を移される方が増えています。海洋散骨なども選択肢のひとつです。同じ大変さを子供や孫に負わせないように、自分の代で改葬して置こうと考え、終活の一環として行われる方が増えているのです。しかしこの改葬は手続きも大変で、費用もそこそこ掛かるため、改葬される場合には以下に記載するような改葬の基礎知識を持って臨まれるのが大切と言えます。

まずは、改葬に当たっての手順の概要を説明します。手順の最初として墓しまい後に新たに納骨する施設を見つけ、そこと契約をします。そしてその施設から「受入証明書」を発行してもらいます。次に現在のお墓の管理者に墓じまいする事を伝え、了承を得て「埋葬証明書」を発行してもらいます。この際に適切な離壇料や閉眼供養のお布施として、合わせて10万円~20万円程度をお寺さんに納めます。

元々離壇料は支払い義務はなく、法外な額の請求には応じる必要はありませんが、お世話になったお礼の気持ちを込めて、上記の程度を納めるのが一般的です。2つの証明書が揃えば、市町村にある「改葬許可申請書」に必要事項を記入して、2つの証明書を添えて申請し、「改葬許可証」を出してもらいます。以上の手続きで、ようやく遺骨を取り出し、新たな永代供養施設や墓地へ遺骨を移す事が可能となります。

お墓から遺骨を取り出し、閉眼供養を終えれば、石材店に依頼して、墓石や巻き石を撤去し、墓地を更地として墓地管理者に返還します。墓地は土地を購入しているのではなく、永代使用権を購入したもので、返還時には更地にする義務があります。撤去費用としては1㎡当たり20万円程度が相場とされています。それと同時にお墓から取り出した遺骨を新たな納骨・埋骨施設に納めます。

当然、新たな施設へ納骨・埋骨するには、改葬に関わらず当然費用が発生します。以上の様に改葬時には法的な手続きも必要で、費用もそこそこ掛かる事を知って置き、覚悟して行う事が重要です。また後々もめないように改葬に当たっては、近い親族に連絡・了解を取っておく事も心がけると良いでしょう。

PR|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|会社経営に必要な知恵袋|新築一戸建てを建てる時に読むサイト|美容と健康女性ランキング|ダイエットチャレンジ100日|エステサロンを上手に利用する情報サイト|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|