洗骨は風習による洗骨と、納骨や散骨の際に行う遺骨サポートが存在します。
風習による洗骨は、東南アジアや沖縄、鹿児島県奄美群島で行われていた埋葬方法です。
琉球王国の王室では、戦前まで洗骨を行ってから納骨していたと記録に残されています。
この場合の洗骨は、一度土葬や風葬を行い、3~7年後に遺骨を掘り起こし海水やお酒で
洗ってから、もう一度埋葬しなおす一連の儀式の事になります。
洗骨を行うのは故人の親族の女性で、特に長男の嫁が行うべきものとされていました。
洗骨は生前の思い出が残る親族の肉片をこそげ落とすなど、精神的、臭い、衛生的に過酷な儀式でした。
その為、女性達から火葬を普及させてほしいという懇願があがりました。
また衛生的な面からも保健所の指導が入り、戦後洗骨の文化は一部の離島を覗き消滅しました。
現在、主に行われている洗骨は散骨や永代供養墓や納骨堂への改葬、手元葬などの際に
遺骨を専門業者によって洗浄してもらうサービスになります。
業者によって異なりますが、洗浄から乾燥まで行っていただけます。
漂白サービスを行っている業者もあるようです。